グローブミュージアム‐日本手袋工業組合

スペーサー

天然皮革

  •  革は、人類にとって自然の恵みの素材で科学技術が進歩しても人工では真似できない素晴らしい自然の力が生かされています。革は天然素材固有の風合い、感触が素晴らしく、1枚の素材でもしなやかな部分と強い部分があり非常に機能的な素材です。
     それでは、代表的な革にはどのような種類があるのでしょうか?それぞれの革の特徴をみていきましょう!まず初めに、革は大きく「吟付革」「スウェード」に分けられます。
グローブミュージアム

銀(吟)付

  • 吟付革とは?
     天然の革の表面を生かしたものです。美しい吟面と、すぐれた耐久力、快適な使用感を備えた吟付革は、根強い人気があります。
  • 牛革
    牛革
    羊革
    羊革
    鹿革
    鹿革
  • 牛革
     牛革は、平均した厚さを持ち、強くて丈夫。
  • 羊革
     羊革の特徴は、その柔らかさにあり、伸縮性があります。手へのフィット感は、他の革よりも優れています。薄いわりには比較的丈夫なために人気があります。そのために、手袋の素材として優れています。
  • 鹿革
     鹿革は、通気性、吸湿性にすぐれており、しなやかさ柔らかさを持ちながらも、非常に耐久性に優れた皮革です。高級な商品としてよく使用されます。
グローブミュージアム

スウェード

  • スウェードとは?
     革の裏面をサンドペーパーでベルベット状に起毛させたものです。
  • スウェード
    スウェードの特徴は、なんと言っても、毛並み、しなやかさにあります。 革の裏面をサンドペーパーでベルベット状に起毛したものです。毛足が短く、ソフトなものほど上質とされます。主に、山羊革、羊革、豚革など小動物革に適用されます。
グローブミュージアム

ムートン

  • ムートン
     毛皮は、一般的に毛の部分が表面に使用されます。しかし、毛皮の裏側をきれいに加工して表面に使用できます。これを「ダブルフェース」といいます。ムートンは、まさに、ダブルフェースを活用したものです。
     羊毛1本1本の間に空気の層を持っているために、保温、保湿性の機能を兼ね備えており、非常に優れものです。表面は、水をはじく機能を持っていますが、内部では湿気を吸い取ることができます。とっても快適な素材です。
スペーサー