グローブミュージアム‐日本手袋工業組合

スペーサー

革手袋

  •  薄くて、柔らかく美しい吟面(革の表面)をもつシープスキン(羊革)などを使った革ドレス手袋は、手にぴったりとフィットし、動かしやすくするために適度な横伸びのテンションが必要とされます。
     天然皮革は一枚一枚その表情が違うため、1双の手袋で左右が同じようにするために、シボ(皮革表面のシワ模様)合わせを行います。

    【手順】
    材料検査 → 革伸ばし → 裁断 → 飾り
    → 縫製 → 摘み・返し → 仕上げ → 検品
グローブミュージアム
  • 1)材料検査
  • 材料検査  天然皮革は、同じ種類でも一枚一枚違いがあります。
     材料検査のポイントは、伸張方向と伸張度、厚さ、強弱、キズ・色ムラの有無、色合い、シボの特徴などがあります。
グローブミュージアム
  • 2)革伸ばし
  • 革伸ばし  革は適度な伸張度が必要で、そのためにパリソン(革を伸ばす機械)を使って、縦横の伸張度を調整します。指先になるところは、特に気をつけて伸ばすことがポイントです。
グローブミュージアム
  • 3)裁断
  • 裁断  革の裁断は、抜き型と裁断機を使って行います(マシンカッティング)。
     素材の強弱や伸張度、伸び方向を考慮し、さらにシボ合わせをした上で、左右の手合わせにも注意を払います。熟練の技術が必要とされます。革の伸縮安定の為に「荒裁ち」を行った後、しばらく時間を置いて「小裁ち」を行います。
グローブミュージアム
  • 裁断
    裁断
グローブミュージアム
  • 4)飾り
  • 飾り  続いて、手袋の甲側に糸絞りの3本線を作るような、「飾り」の工程があります。
     手縫いで作っていきます。 グローブミュージアム
    飾り
    糸絞り3本線の完成!です。
グローブミュージアム
  • 5)縫製
  • 5)縫製  ここから、縫製になります。手袋は裏返しの状態で各パーツを縫いつないでいきます。
     ミシンを使い、甲と掌(手のひら)をつなぎ合わせ、
    親指つけ →ハギつけ →縫いまわし
    → 裏つけ → ヘリとり
    の順番で縫製を行います。運針数(ピッチ)や縫い代を一定にし、目とびや縫い外れがないよう慎重に縫います。特に革は一度縫うと針穴が開いてしまい、縫い直しが出来ないので丁寧に作業を進めます。 縫製
グローブミュージアム
  • 6)摘み・返し
  • 摘み・返し
    摘み・返し
    表にひっくり返されました。
    縫製が終われば、裏返しになっている手袋の縫い代の余分な部分をはさみで切り落とし、
    返し棒で丁寧に表に返します。
グローブミュージアム
  • 7)仕上げ
  • 仕上げ
    真鍮(しんちゅう)仕上げ型(くり金)
    仕上げ
    コンロで直接くり金を温めます。
    仕上げ
     ここからは、仕上げ工程に入ります。真鍮(しんちゅう)仕上げ型(くり金)をコンロで直接温め、手袋に入れて形を整えます。(くり金の温度の目安は手で触れることが出来る程度)
     裏地が裾でダブったり、指先に留まったりしないようにし、力を入れて手袋を伸ばします。指の伸びに注意して引っ張り過ぎないようにします。また、熱しすぎて裏地を傷めないようにします。
グローブミュージアム
  • 8)検品
  • 検品
    最後に製品検査を受けて、こんなに綺麗な製品が出来上がりました!!
スペーサー