グローブミュージアム‐日本手袋工業組合

スペーサー

神崎長五郎

  •  神崎長五郎は大内郡松原村(東かがわ市松原)に生まれる。松原村役場に勤めて後、大阪に出て同村出身の森本吉太郎が経営する森本商会(のちの東洋手袋株式会社)の番頭となる。そこで縫手袋を担当することで手袋製造の将来性を確信する。明治44年(1911)大阪で神崎商店を創立し、大正4年(1915)白鳥工場を開設した。白鳥工場ではシンガー社製二重環ミシンをいち早く設置し、翌年には電動機設置許可を得るなど誰よりも早く新しい設備の導入に努め、手袋製造の機械化など生産技術向上に大きく貢献した。また、手袋素材の輸入、輸入機械による素材の自給化など商品の高級化にも大きい足跡を残した。
グローブミュージアム
  • 神崎長五郎
    神崎商店創業時の
    神崎長五郎(26歳)
    明治44年(1911)
    家族集合写真
    家族集合写真(中央が神崎長五郎)
    昭和5年(1930)

    白鳥工場の作業風景
    白鳥工場の作業風景 姉マサとともに
    昭和6年(1931)

グローブミュージアム
スペーサー