グローブミュージアム‐日本手袋工業組合

スペーサー

両児舜礼

  •  両児舜礼は嘉永6年(1853)に讃岐国大内郡松原村(東かがわ市松原)に生まれる。12歳の時、岡山県児島郡八浜村の金剛寺の両児舜行師の仏門に入り、明治16年(1883)に大内郡白鳥村(東かがわ市白鳥)の千光寺副住職に迎えられた。
     しかし同19年に舜礼は還俗して、同村の三好タケノ(当時19歳、のちの明石タケノ)と駆落ちし大阪へ出た。そこで生計を立てるためにメリヤス製品のてぐつ(手靴)といわれた指無し手袋の縫製をはじめた。舜礼はこのメリヤス製品に着目し、メリヤス手袋の製造に専念した。
     明治24年1月、亡父の仏事に帰郷した際、従兄弟の棚次辰吉(当時18歳)とタケノの親類の寺井カネ(当時18歳)と六車ルイ(当時19歳)を連れて帰阪し、家業を拡大し本格的に経営に乗り出した。しかし、舜礼はその年の6月24日、脳涙結昌病で39歳の短い生涯を閉じた。
    遺墨
    両児舜礼の遺墨
グローブミュージアム
  • 両児舜礼先生碑 両児舜礼先生碑
     昭和9年(1934)に手袋業者によって、白鳥神社裏に両児舜礼先生碑が建立された。現在は手袋公園(白鳥神社裏・白鳥の松原)に移転されている。
グローブミュージアム
スペーサー